脱ストレス!プラセンタの心の健康効果!

ストレス社会の現代に急増しているのが精神神経疾患。その原因は仕事や人間関係のストレスによる脳の神経伝達物質の分泌異常や自律神経の乱れが、心と体のバランスを崩すことだと言われています。

そんな精神神経疾患の心の病気に、プラセンタの自律神経を調整する作用や内分泌調整作用が、効果的だと言われています。詳しくは次項で説明します。

プラセンタはストレス症状に効果あり!

ストレスを緩和するには、プラセンタがおすすめです。

ストレスによって自律神経が不安定になると、さまざまな体調の不調を引き起こしたり、うつ症状を招いたりすることもあります。

そんなストレスに効果的なプラセンタには、自律神経調整作用という薬理作用があり、この作用によって自律神経が安定することで、ストレスが緩和されるのです。

また、ストレスを感じる原因の1つが、ホルモンバランスの低下とされていますが、このホルモンバランスの低下や乱れに対しても、プラセンタが非常に優れた作用を発揮することが分かっています。

そしてストレスがかかると体内のビタミンC・ビタミンE・ミネラルなどが損なわれます。しかしプラセンタには、多くのビタミンや酵素、アミノ酸などの栄養が含まれているので、ストレスによって損なわれた栄養分の補助にもなるのです。

プラセンタは自律神経失調症に効果あり!

自律神経失調症などの精神疾患は、幅広い年代の方が発症する可能性のある、現代病の1つです。

自律神経失調症の原因は、不規則な生活やストレスがきっかけで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、起きてしまうと言われています。耳鳴りや不眠、動悸、息切れ、頭痛、などの症状が起こります。

プラセンタには、アミノ酸・タンパク質・脂質・糖質、ビタミン・ミネラル・核酸・酵素などの栄養素が豊富です。免疫力をアップする高い抗酸化作用の活性プチペド、細胞分裂を促進して自然治癒力を高める成長因子なども含まれています。

これらの有効成分の働きによって20の薬理効果があり、そのなかの、自律神経調節作用や精神安定作用、疲労回復作用や血行促進作用などが、自律神経失調症のつらい症状を改善します。

プラセンタはうつ症状に効果あり!

うつ病の原因は精神的なストレス、仕事や人間関係によるプレッシャー、またはショックな出来事などがきっかけで起きてしまうと言われています。

うつ病の症状が進行してしまうと、日常生活に支障をきたし、放っておくと最悪の場合は、死に至るケースも存在してしまいます。

自律神経のバランスが乱れることで、うつ病になりやすいと言われていますが、プラセンタに含まれるNGFという成長因子が、神経細胞を活性化し、自律神経のバランスを整えるため、うつ病に効果的だと言われています。

また女性ホルモンのエストロゲンが減少し、心と身体のバランスを崩れることもうつ病の原因ですが、プラセンタには女性ホルモンの分泌量を調整しバランスを整えてくれる効果もあるのでうつ病改善に期待できます。

このように、自律神経と女性ホルモンの2つの働きを調整、修復する効果があるプラセンタは、うつ症状改善に大きく役立つのです。

プラセンタ×心の健康 効果はいつ?

うつ病や自律神経失調症などの心の病には、プラセンタ注射が効果があると言われています。歳を重ねるとホルモン低下による自律神経の乱れで、うつ状態になる人が多いです。うつなどの精神症状に思い当たる方は、プラセンタ注射での治療を考えてみてはいかがですか?

そんなプラセンタ注射の効果は、約1か月ほどで現れると言われています。ただ週に2,3回の通院が必要で、人によっては1ヶ月では効果を持続しない場合もあります。

また注射以外の摂取方法としてのサプリメントの場合は、注射と違って即効性が低いため、1ヶ月~3ヶ月ほど継続して飲むことで効果が現れます。どちらもある程度の継続が必要ですが、心の病の症状の緩和には効果を発揮してくれるので、ぜひ活用したいですね。