プラセンタは膀胱炎に効果あり!

美容効果として有名なプラセンタは、美肌効果や美白効果、また更年期障害の症状緩和にまで効果があるとされている、優秀な成分です。このプラセンタ、実は膀胱炎の治療までにも利用されているのです。

プラセンタに含まれているムコ多糖と抗炎症作用が膀胱炎に作用すると言われています。これらの作用が、膀胱炎の炎症を抑える役割があることや、プラセンタの成長因子グロースファクターによって、壊れた組織を修復していく作用もあるため、膀胱炎に効果があると言われています。

細菌やウイルス、アレルギー、熱や傷、化学薬品などによって炎症が起きますが、炎症に対して体を守る抵抗力も高めてくれるので、プラセンタには膀胱炎を予防する効果もあると言って良いでしょう。

プラセンタは歯槽膿漏・歯周病に効果あり!

歯周病とは、歯茎が歯周病菌に感染する病気です。歯茎が腫れていたり、すぐに出血したりする場合は、歯周病の可能性があります。
歯周病を放置すると歯がボロボロになり、抜けやすくなります。歯槽膿漏も歯周病の症状の一つで、歯周病菌に感染し、歯茎から膿が出ている状態です。

驚きなのが日本人の成人約80%が歯周病を発症していることです。そんな歯槽膿漏、歯周病にプラセンタが効果的なのです!
実際に臨床実験で75%の人が効果ありと言っています!

そこまで効果がある理由は、プラセンタが持っている抗炎症作用や傷ついた組織を修復する作用が、歯茎などの傷ついた部分を治してくれるからだと言われています。

その結果、今では多くの歯科医院がプラセンタを治療に役立てているそうです!

プラセンタはアトピー性皮膚炎に効果あり!

アトピー性皮膚炎は、免疫異常を起こすリンパ球が出現、増殖することで、過剰に反応してしまうことが原因で起きてしまいます。

そんなアトピー性皮膚炎の症状を緩和し、改善するためには、異常を起こしているリンパ球を、取り除かなければ意味がありません。そんな状況に有利に働いてくれるのがプラセンタなのです。

プラセンタには炎症を抑える抗炎症作用や抗アレルギー作用、自律神経調節作用、細胞活性化作用、血行促進作用とたくさんの薬理作用があります。これらの作用は白血球の働きを正常にする効果があるため、アトピーの原因である異常なリンパ球を取り除くことをサポートしてくれるのです。

さらに、炎症を酷くさせている活性酸素を取り除いてくれるにプラセンタの作用が、アトピーの症状を緩和させると言われています。

プラセンタは肝炎に効果あり!

肝炎にも効果的だと言われているプラセンタは、細胞再生を助ける成長因子が豊富です。肝炎はアルコールなどによって肝細胞が傷付き、肝機能が低下し壊死することが原因で起きますが、プラセンタの成長因子がダメージを受けた肝細胞を活性化してくれるため、効果的だと言われています。

また、活性酸素というものが肝細胞の壊死を促進させると言われていますが、その活性酵素の過剰発生を抑制する抗酸化作用が、プラセンタには含まれており、肝細胞の壊死を防ぐ効果もあります。

現在では肝炎の治療は保険が適用されるようになり、プラセンタ注射を利用して治療ができるようになっています。そのため、プラセンタ治療をする人が増えてきていると言われています。