胎盤の働き

胎盤の働き哺乳動物が妊娠した際に、特別に体の中に出来上がる臓器が胎盤です。この胎盤の中にはたっぷりの栄養素が含まれており、さらには小さな受精卵に活発に細胞分裂をするよう促し、細胞を内臓へと変えていく驚異の働きをする成長因子が含まれています。成長因子も働きごとにさらに細かく分かれますので、非常に複雑に絡み合いながら、完璧な機能でもって働く臓器だといえるでしょう。考えてみればわずか10か月ほどで、ほんの小さな受精卵を完全な働きをする内臓を持った体に作り上げるわけですから、胎盤が持つ力は妊娠している間、すべての内臓の働きを凌駕するほどであっても不思議ではありません。

そんな胎盤は出産を終えるとその役目も終えますので、後産として体外に排出されます。哺乳動物のほとんどが、血の匂いを消すという目的もありますが、それ以上に胎盤の中の栄養素と成長因子を体内に取り込むために食べてしまいます。食べることによって栄養が摂れ、成長因子の働きのおかげで体が早く回復できるようになることを、動物たちは本能で知っているのでしょう。人だけは栄養が別途補給でき、静養もできることから胎盤を食べるという行為はしませんが、人の胎盤にもたっぷりの栄養が詰まっていることから、しっかりと活用されています。

胎盤の中から取り出すには

美容と健康によいということがわかってきた胎盤ですが、すべてを注射液やサプリメントなどの健康食品に使っているわけではありません。胎盤の中から有効成分の詰まったエキスを抽出したもの、それをプラセンタと呼んでいます。

胎盤は体の外へと出た時点で空気に触れますので、やはり雑菌などがついてしまいます。そのため、いかに衛生面において問題がなく、安心して使えるエキスを抽出するかが大きな課題となります。さまざまな抽出方法がありますが、その中の一つである酸素分解法は胎盤からエキスを抽出するにあたって、有効成分を壊さない効果的な方法であることがわかっています。

この抽出方法にはいくつか方法がありますが、高いコストがかかる方法から比較的コストを抑えられる方法まであり、この差が商品価格にも影響してくるのは確実です。酸素分解法はどちらかと言えば費用がかかる抽出方法ですが、その分、胎盤の中から有効成分を壊さずに取り出すことができますので、非常に良質のプラセンタエキスを抽出できるというメリットがあります。したがって、酸素分解法によって抽出されたプラセンタエキスを使った商品は、非常に高い効果が認められる安心、安全なものになるといえます。

利用されるようになり変化が

利用されるようになり変化が酸素分解法による抽出が、プラセンタの持つ有効成分を壊す割合が低く、良質のエキスが取れるということがわかってから、だんだんとこの方法が用いられるようになってきました。多くの会社が抽出方法を会得し、その供給量が増えてきたことから、今まではコストがかかる抽出方法だったのが、コスト面でも変化が生まれ、コストが下がってきたという喜ばしい傾向があります。最新の抽出方法でありながら、多くの会社がこの方法を選択することにより、胎盤から有効成分を取り出す方法の主流派となるため、技術力や機械などが進歩し、消費者にとって喜ばしいスパイラルが生まれてきたといえます。

良質の胎盤に最良の抽出方法

現在、医療機関においてはヒト由来の胎盤から採取したエキスを注射によって投与しています。肝炎治療においては健康保険診療の対象になるなど、医療分野における効果もしっかりと臨床試験の結果がだされており、今後はさらに他の病気の治療にも応用されることが期待されています。

健康食品として販売される数もうなぎ上りで、サプリメントやドリンク剤、さらにはゼリーなどのデザート感覚で摂取できるものが登場し、さまざまな好みに合わせて有効成分を摂取できるようになっています。

医療機関で行われる注射はヒト由来ですが、健康食品に関しては馬や豚、羊などの動物の胎盤が原材料になっています。この中でもっとも栄養素が多く、良質の胎盤を持つとされるのが馬ですので、馬の良質の胎盤をその有効成分を壊さない最良の抽出方法で取り出したエキスを使った商品なら、美容と健康に効果を発揮してくれることでしょう。

商品選びのために知識を

商品選びのために知識をたくさんの商品が販売されるようになった今、どれを選べばいいのかに迷うことは必至です。その際、商品に胎盤の原材料はもちろん、エキス抽出の方法が明記され、かつその方法についての知識をしっかりと持っていたならどうでしょうか。

商品が良質であるかを筆頭に、安心、安全に飲めるかどうかを自分で判断できることになります。商品のうたい文句の良さに惹かれて選ぶのではなく、しっかりと判断し、選べるだけの知識を持って選択することが大事です。