<答え>他のプラセンタ同様の効果はあります。

解説

羊のプラセンタは動物のプラセンタですから、成長因子も含まれていますし、美容効果健康効果もしっかりあります。

羊プラセンタの特徴

羊プラセンタの特徴私たち人間とアミノ酸の組成が似ていることから、体になじみやすいという特徴があります。肌につける場合も肌になじみやすいので効果が出やすくなっています。

安全性においては、羊そのものが免疫力が高いので病気になりにくいことから、ワクチンや薬品の投与が少なく安心して摂取できます。

流通量が少ない理由

流通量が少ない理由狂牛病が起きてから、それまで使われていた牛のプラセンタの製造が中止されました。同時に、ウシ科である羊のプラセンタの製造ができなくなりました。また、スクレイピーという羊の病気がありますが、これは狂牛病と似ている病気なので日本では慎重となっています。

購入方法

日本の羊では羊のプラセンタが製造販売できないので、ニュージーランドやオーストラリアの羊のプラセンタを使ったものを製造販売しています。これらの国の飼育環境は良いのですが、何よりも海外から持ち込まれたプラセンタを使って製造するのですから、不安がぬぐえないという人も多いのではないでしょうか。

個人輸入の場合は、輸送量コストなどで現地で購入するより割高になります。

購入には自己責任が伴います。もともと内容が良い羊のプラセンタなのですが、このように海外のプラセンタを使用していることや、輸送コストの関係があるので、日本で販売されている馬や豚のプラセンタと比べて2倍以上します。

どうしても羊?馬や豚でもいいのでは?

購入価格の面、プラセンタの内容もそこまで大きな違いはないということを考えると、日本で馬や豚のプラセンタでも十分な気がします。