答え:重篤な副作用はありません。

解説

重篤な副作用はないので安心して受けることができるのがプラセンタ注射の特徴です。それは、厚生労働省の管理下で決められたメーカーのプラセンタしか使用できないためです。しかし、吐き気や発疹、閉経後の生理の再開、注射部位の発赤などが報告されていますが、これはプラセンタ注射を中止すればすぐに治まります。

プラセンタ注射としてメルスモンとラエンネックが薬で承認されています。

もし、プラセンタ注射を受けて体調面に問題が起きた場合も、すぐにクリニックに相談できるという点があるので安心感が違います。

プラセンタ注射に使用されている胎盤

プラセンタ注射に使用されている胎盤ヒトの胎盤が使用されています。ヒトの胎盤が使用されているのはプラセンタでは注射のみ。サプリメントやドリンクではヒトの胎盤は使用できないので、馬や豚などが使われています。

皮下注射と筋肉注射がよい

皮下注射と筋肉注射がよい注射の方法は皮下注射と筋肉注射がよいとされています。静脈注射では投与法で認可されておらず、ショック状態や血圧低下などが引き起こされることもあります。

ほかの薬剤と混ぜたものを投与するカクテル注射を行うクリニックもありますが、安全性の面ではやや不安も残ります。

プラセンタ注射はきまりに従っている方法で行っている場合は安心なのですが、すべてのクリニックがそうではないということも考慮しておいた方が良さそうです。

献血できなくなる

ヒト由来のプラセンタであるプラセンタ注射を行うと献血ができなくなります。献血ボランティアを行っている人はよく考えてから行うようにしましょう。

プラセンタサプリメントやドリンクは、馬や豚のプラセンタを使用しているので献血には影響がありません。

病気の場合は保険適用可能

肝機能障害、更年期障害の治療のためのプラセンタ注射は保険適用なので、費用負担が少なくて済みます。

しかし、美容目的(肌のアンチエイジング効果など)は保険適用されないので費用負担が大きいです。シミの部分に直接注射をしたりしてダイレクトに効果を発揮させることもできる点は人気です。

しかし、プラセンタ注射を受けるために週1~2回通わなくてはならない場合もあり(クリニックにより異なる)、続けることが難しいと言えます。