答え:特にありません。

ほかの成分との相性

ほかの成分との相性プラセンタサプリには、成長因子、タンパク質、アミノ酸、ミネラル、脂質、糖質、各種ビタミン、核酸、酵素などあらゆる種類の成分が配合されています。サプリメントに詳しい人なら分かりますが、上記の成分には単独でも発売されているサプリメントもあります。

また、プラセンタサプリには同時に配合されている成分があるものも多いです。美容系の成分が同時配合されていることが多く、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、アスタキサンチン、サイタイエキスなどが含まれることがあります。これらの成分も単独で発売されているサプリメントです。

プラセンタという成分が、あらゆる成分と相性が良いということがお分かりいただけると思います。基本的に、相性の悪い成分というものはありません

薬との飲み合わせ

薬との飲み合わせ気になるのは薬との飲み合わせではないでしょうか。プラセンタと相性の悪い薬というものについては存在するようです。

ph8.5以上の強塩基性の薬剤はプラセンタの効果を弱めてしまうと言われています。ph8.5以上の強塩基性というのは、利尿剤、抗生物質、抗ウイルス剤、強心剤、気管支拡張剤、解熱剤などがあります。

これらの薬は胃の中で混ざり合うことでプラセンタの効果を弱めてしまうと言われています。もし、ph8.5以上の強塩基性の薬剤を継続して飲んでいるのでなければ、プラセンタサプリを飲むときと時間をずらせば影響を与えられずに済むかもしれません。

飲んでいる薬がある場合は医師に相談の上、病気の治療の方が優先されますから医師の指示に従うようにしましょう。