さまざまな原因

人は年齢を重ねるにつれて、老化という現象に向き合うことになります。人の体にある細胞は日々入れ替わりを重ね、新しく生まれ変わっていますが、その生まれ変わりの作業であるターンオーバーが、加齢によってスムーズにいかなくなってきます。若いうちは活発に細胞が入れ替わることから常にハリや弾力があったのが、年齢とともにターンオーバーが鈍り、古くなった角質や老廃物がスムーズに体の表面からはがれにくくなってしまいます。その結果、くすみやしみ、シワができてしまうといった悩みが噴出してくることになるのです。このターンオーバーがスムーズにいかなくなる原因である加齢を感じるようになる年代として、もっとも多いのが40代でしょう。

特に女性の場合、肌トラブルはもちろんですが、40代半ばにやってくる閉経を控え、徐々に体にもさまざまな不調を感じ始めるころで、まさに悩みが山積です。

注目の美容成分

注目の美容成分美容にいい成分としてよく知られていると言えば、コラーゲンやヒアルロン酸などが挙げられます。コラーゲンは皮膚だけでなく体全体で必要とされる成分ですが、皮膚の真皮層においては網のような役割をしています。ヒアルロン酸は保水力に優れているため、コラーゲンと一緒に摂ると網の中にしっかりと水分が溜まった状態になるため、弾力やハリをもたらすようになることから、同時に摂るのが効果的とされています。

そんな二大美容成分ともいえるコラーゲンとヒアルロン酸を上回る効果があるとして、とりわけ多くの悩みを抱える年代から注目される美容成分があります。それが、哺乳動物の胎盤を原料にしているプラセンタです。

最近ではプラセンタ療法として、医療機関において注射によって体内に取り込む他、健康食品ではサプリメントが多数販売されています。サプリメントだけでなく、美容ドリンクやゼリーなど、デザート感覚で摂取できるものも多数商品化されていますので、お好みに応じた摂取方法を選択することができます。

胎盤が肌にもたらす効果

哺乳動物の胎盤が美容だけでなく健康にいいということは、最近になってよく知られてきました。胎盤がたっぷりの栄養素を含んでいることや、細胞分裂を活発化させ、小さな受精卵から細胞を作り、さらにはその細胞を内臓に変化させるという驚くべき働きをする成長因子が含まれていることなどが明らかになってきたからです。

この成長因子は受精卵に対して働くだけではなく、完成した大人の体内に取り込んだ場合には、傷ついた細胞の修復や再生に効果をもたらすことがわかっています。加齢によって起こるシワやたるみなども、成長因子からすると細胞がダメージを受けていることになりますので、胎盤を摂取することによって体内で細胞の修復を行ってくれるというわけです。

その結果、肌に弾力やツヤが戻ったり、シワやたるみが改善されたりといったことが起こります。二大美容成分であるコラーゲンやヒアルロン酸にはない、細胞レベルへの働きかけをするという点で、肌悩みが深刻な40代以上の女性たちから熱い視線を集めているというのもうなずけます。

どんな方法を選ぶか

どんな方法を選ぶか医療機関においては、ヒト由来の胎盤を原料にエキスを作り、それを体内に注射します。成長因子をより細かく分類すると、特に肝臓の細胞に働きかける力を持ったものがあります。そのため、肝炎の治療に関しては健康保険による診療が適用になるなど、医療面においても活用されています。

プラセンタを治療に用いる一番のメリットは、副作用が起こる恐れがほとんどないことです。それだけ人の体にすんなりとなじみ、細胞へと働きかけてくれることから、肝炎の治療ではおよそ一年間にわたって投与されます。効果はゆっくりと現れてくるため、長い期間の投与が必要にはなりますが、副作用の危険性が伴う薬剤治療が怖いという方には向いています。

注射は美容面においても効果を発揮してくれますが、美容目的で行われる注射に関しては保険診療の対象外となり、全額自己負担になります。とはいうものの、プラセンタ注射の割合は週に一度、期間は1か月から3か月程度というところがほとんどですので、興味がある人はやってみるといいでしょう。

医療機関に行くのはちょっと抵抗があるという場合は、手軽なサプリメントがおすすめです。その場合は胎盤が持っている栄養素においてもっとも優れているとされる、馬由来を選択するのがベストです。

年齢不詳の美しい人へ

このように、胎盤の効果は男女を問わず現れますので、男性も女性も一見しただけでは年齢がわからない年齢不詳の美しい人になるにはもってこいの成分です。ツヤのある肌をしている人は例外なく若く見え、ツヤがあるということはシワやシミのない、とてもきれいな状態を保っているということになります。

その驚くべき効果は、さまざまな摂取方法から自分に合ったものを見つけることによって、確かに実感することでしょう。